マッチングアプリはプロフが命!女性が会いたくなる写真&自己紹介文

マッチングアプリのコツ

マッチングアプリはプロフが命!女性が会いたくなる写真&自己紹介文

マッチングアプリが上手くいくかどうかはプロフィールで決まります。

その理由はマッチングアプリの男女比が7:3~6:4で構成されているため、目を引かないプロフィールはスルーされやすいからです。

女性の目を引くプロフィールにするには、魅力的な写真と会ってみたいと思われる自己紹介文が必要です。

このページでは、プロフィール写真を上手く撮る最適な方法、女性に会いたいと思われる自己紹介文を書くコツをお伝えします。

マッチングアプリのプロフ写真でスルーされない要素と事例

マッチングアプリのプロフ写真でスルーされない要素と事例

マッチングアプリのプロフィールで最もチカラを注ぐべきところは写真です。

女性が求めている姿の写真が準備できないと、あなたはスワイプで流されていくだけ。マッチングアプリでは戦えません。

とはいえ、目立とうとしてチャラい写真になるとヤリモクと勘違いされる可能性があります。

相手も出会いを求めていまずが、マッチングアプリは相手の身元がわからないため基本的に女性は警戒しています。

マッチングアプリで一歩抜きんでるには、まず女性がどんな写真を求めているのかを知ることが大切です。

マッチングアプリの写真で求められるのは誠実さと清潔感

マッチングアプリの写真で求められるのは誠実さと清潔感

マッチングアプリの写真で多くの女性が求めているのは、誠実さと清潔感です。

男性が女性を見るときは「顔」中心に見ますよね。

でも女性が男性を見るときは、顔だけではなくファッションやスタイル、仕草や表情など、全体の雰囲気を見ます。

全体の雰囲気が見えない自撮り写真をプロフィールに載せるのは控えましょう。

特にトイレでの自撮りは清潔感とは真逆の写真になってしまいます。女性には選ばれない、最悪のプロフィール写真になるので絶対にやめてください。

プロフィールで誠実さや清潔感を出すには、最低でも次の3パターンの写真を掲載しておきましょう。事例付きです。

1.スーツ姿の写真

マッチングアプリ~スーツ姿の写真

誠実さと清潔感をファッションで伝えるなら、スーツ姿は鉄板です。なぜなら女性は男性のスーツ姿が大好きだからです。

オフィスやカフェなど、仕事をしているときのスーツ姿を同僚や友人に撮ってもらいましょう。

2.生活感のない写真

マッチングアプリ~生活感のない写真

誠実さや清潔感を出すうえで邪魔になるのが生活感です。掲載する写真に生活感があふれていると、おしゃれに着こなしたスーツ姿も疑わしくなります。

ファッションだけではなく風景やアングルなども気にして、インスタ映えする感じを目指しましょう。

3.笑顔の写真

マッチングアプリ~笑顔の写真

女性が誠実さと清潔感を求めるのは安心感がほしいからです。笑顔の写真は女性に安心感を与えます。

ぜひ、とびっきりの笑顔で写った1枚をプロフィールに加えてください。

マッチングアプリのモテ写真はプロに撮ってもらおう

マッチングアプリの写真は友達や同僚が撮った自然な写真でも悪くはないですが、ライバルに差をつけるならプロに撮ってもらうのがベストです。

今ある間に合わせの写真と、手間ひまかけて撮ってもらったプロの写真の質は上記の3つの事例を見ても明らかですよね。

プロに撮ってもらうときに心配な費用の面も、ココナラなら5,000円くらいからお願いできます。

バランス・陰影・ぼかし方など、素人では撮れない写真をプロフィールに掲載して、ライバルに差をつけましょう。

>>ココナラはこちら

顔ばれしたくない場合の写真の撮り方

職業柄、顔出しできない男性もいると思います。マッチングアプリのプロフィールで顔出しできないのは不利ですが、写真の出来次第で「いいね」ももらえてマッチングもします。

マッチングアプリで顔出しできない方は、女性のイマジネーションを刺激する写真を掲載しましょう。女性は神秘的な存在に魅力を感じます。

プロに撮ってもらうことは必須になりますが、顔出しなしで戦える写真を事例を交えてお伝えします。

1.横顔

マッチングアプリ~横顔

神秘的な写真に必要な要素が色気です。横顔は女性に色気を感じてもらえる重要ショット。

見せられる範囲で構わないので、横顔のショットは掲載しておきましょう。チラリズムに弱いのは女性も同じです。

2.後ろ姿

マッチングアプリ~後ろ姿

背中に色気を感じる女性もいます。全身の後ろ姿は陰影をつければスタイルよく写ることができますよ。

3.カメラが趣味なら

マッチングアプリ~カメラが趣味なら

趣味でカメラを扱う方は自然な感じで顔を隠すことができます。

ペットのいる方なら、犬や猫を抱いて自然な感じで顔を隠すのも女性に安心感を与えるのに効果的です。

マッチングアプリのプロフィール写真のまとめ

マッチングアプリのプロフィール写真は、いかにその他大勢に埋もれないかが大切です。

マッチングアプリ内は常に男性比率が高いことを意識して、仕事や趣味などの「映える」写真を掲載しておくことが大切です。

特に顔出ししない方は不利な状況での戦いになるので、「映える」写真は掲載できるだけ掲載しましょう。

マッチングアプリはタップされないと始まりません。

自分のスペックに自信がない方でも写真をしっかり仕上げておけば、マッチングアプリでも十分に戦えます。

低スペ・非モテでも勝てる!マッチングアプリの自己紹介文【例文あり】

マッチングアプリの自己紹介文~低スペ非モテが勝つ要素を発見!

マッチングアプリのプリフィールで写真の次に大切なのが自己紹介文。

高年収や一流企業など、スペックに自信のある方の自己紹介文を書くのは容易です。なぜならハイスペを全面的に押し出せば勝てるからです。

ハイスぺが「ハイスペに甘えてない自分」というスタンスで自己紹介文を書けば、マッチングアプリはイージーゲームになります。

ただスペックに自信のない男性がハイスぺと同じようにやっても勝てません。他者との違いを明確にして「会ってみたい」と思われる自己紹介文にする必要があります。

ここからは低スペ・非モテでも戦える「違いを出せる」自己紹介文の書き方をお伝えします。

マッチングアプリの自己紹介文はダメな事例から学ぼう!

マッチングアプリの自己紹介文はいい文章より、ダメな文章から学んだ方が得策です。

なぜなら、いい自己紹介文は個性があって人それぞれですが、ダメな自己紹介文には共通点があるからです。

まずはツイッターにあったダメな自己紹介の例をご覧ください。

このツイートにもあるように「余計なひと言」を付け加えるとモテません。

ただ「余計」って何?って考えると、マッチングアプリの自己紹介文においては、「相手が求めていないこと」に集約されます。

マッチングアプリの自己紹介文では、自分が言いたいことよりも相手が知りたいことを書けば、余計なひと言ではなく「伝わるひと言」になります。

自己紹介で伝わるひと言はこれ!

女性に伝わるひと言で、まず抑えておきたいのはこんな感じです。

「家と会社の往復ばかりで出会いがないためマッチングアプリを始めました」と「マッチングアプリで真剣にお付き合いできる相手を探しています」では後者のほうが好印象ですよね。

前者だと、家と会社の往復しかしていない「つまらない人」だという印象を与えてしまいます。

自己紹介文は「前向き」「未来志向」で書くことを心がけましょう。

女性というのは「この人と会ったらどうなるか」「この人と付き合った未来は楽しいか」などを勝手に想像します。←ここが女性の知りたいところ。

「家と会社の往復ばかりで出会いがないため始めました」には女性の知りたい要素が含まれていません。

同じありきたりなひと言でも、未来志向の言葉に女性は共感します。自己紹介文は必ず未来志向の言葉を使うようにしてください。

低スペ・非モテが違いを出すには「料理」と「子ども」

スペックに自信がない男性は未来志向の言葉だけではまだ不十分です。

さらに違いを出すには、「未来志向+自分を具体的にイメージしてもらえる要素」を自己紹介文に盛り込みましょう。

自分のことを具体的にイメージしてもらううえで、女性が知りたいのは料理と子どもです。

「料理をする人」「子ども好きな人」は、未来を想像する女性にとって前向きな判断材料になります。

女性に未来を感じてもらえる自己紹介文を掲載できれば、低スぺ・非モテであってもマッチングアプリで十分に戦えます。

スペックに自信ない男性がマッチングアプリで選ばれるために必要なのは料理と子どもです。少なくともどちらかの要素は必ず入れて他者との違いを出してください。

最後に自己紹介文の例を紹介します。

マッチングアプリの自己紹介の例文事例

プロフィールを見ていただきありがとうございます。江東区在住の○○です。

ここのアプリで真剣にお付き合いできる相手を探しています。

仕事は食品卸の営業です。顧客とのコミュニケーションを重ねて相手の要望に先回りできたり、より良い提案が受け入れらることがわかってから仕事が面白くなってきました。

休みの日はパスタ作りにはまっていて、いろんな具作りにチャレンジしています。その中でミートソース作りが得意になりました。

普段の生活で心がけていることはドアを静かに閉めること。まずは気軽に食事や会話が楽しめる間柄になりたいです。どうぞよろしくお願いします。

 

-マッチングアプリのコツ

© 2021 【マッチングアプリ比較】真剣アラサー男性におすすめTOP5